旭華園 news

タグ:学び ( 12 ) タグの人気記事

学校は夏休み 野草たちも夏休み

早いもので残り1/5の6コマとなり、夏休みに入った.

茶庭の整備がなかなか捗らない.一つ一つの作業は確実に進んでいるのだが、時間が足りず、完成しそうにない.
f0017413_11153284.jpg

“現場の仕事“は道具やモノの扱いに慣れて、注意すべき点を理解し、段取りができて、はじめて効率よく美しく仕上がる.経験を積む時間を過ごすことが必要だ.頭の中で考えているだけでは、一向に進まない.
f0017413_11191996.jpg


残りの時間で、四つ目垣を作っていくわけだが、時間との戦いも生徒にはいい勉強になる.


事務所にあるヤブカンゾウ(ユリ科)が瑞々しかったのでアップした.一輪が1日限りでしぼんでしまいます.
花の少ない時期に貴重な野草です.
f0017413_1121511.jpg

[PR]
by kyokukaen | 2012-07-31 11:31

中盤戦

日本建築専門学校の造園計画の授業もいよいよ中盤を迎えた.中間試験だ.

試験内容は、
●露地の基本的な平面構成、施設の説明・・・これは茶事の流れを理解する
●設計~着工までのプロセスの説明・・・主に造園工事の設計手順と注意事項の整理
●男結びを試験中に一つ縛り提出・・・単純に固く美しく縛る
                       知識だけの頭でっかちではいけないことを理解させる
                       
とした.
f0017413_6315196.jpg


試験結果は、生徒それぞれという感じだが、男結びがしっかりできた生徒は、暇を見ては固く縛れるまで、何度も繰り返し練習したとのこと.その差は歴然.


旭華園のニワナナカマドの花が終わりを迎えている.
美しいのでアップした.
f0017413_7525452.jpg

[PR]
by kyokukaen | 2012-06-26 07:53

演習 其の三

富士市の庭屋”旭華園”の新URLはこちら"kyokukaen.com"です.どうぞご覧になって下さい.

f0017413_16221277.jpg日本建築専門学校の今期、造園の授業(造園計画)は、例外的に3年生、4年生を同時に受け持っている.

3年生は13人.4年生は6人の計19人が受講している.
演習は4年生をリーダーとして4班に別れ、一班5人編成で各作業に当たるようにしている.

早川先生が演習のアシスタントとして、動いてくださるのでとても助かっている.
なにせ20人の大所帯だ.演習では目が行き届かない.


今回の作業は以下のとおり.
飛び石の据えなおしの続き → 3班
延べ段の復旧 → 2班、4班
四つ目垣の製作 → 1班
それぞれの班にはそれぞれのカラーがある.
完成したらそれぞれの出来栄えを皆で評価しあいたい.



f0017413_16195090.jpg

四つ目垣に使う柱は、早川先生が、過去仕事で使っていた足場丸太を提供してくれた.現在の足場事情は、ビケ足場など足場の耐久性、設計、組み立てが容易なものが殆どを占める.そのあおりで“使わない足場丸太が家にあるよ”とのことで快く提供してくださった.

いただいた柱の中には太いものもある.
今回、太いものはチョウナで、スリムにしてもらうことにした.これもいい経験.
f0017413_16201516.jpg
[PR]
by kyokukaen | 2012-06-09 16:32

お客さん

旭華園の庭には毎年、クワガタムシやカブトムシほか色々な虫が集まってくる.

今年初のクワガタムシのお客さんがお見えになった.
f0017413_18444516.jpg

お客さんはコナラの傍の落ち葉の道を気持ちよさそうに散歩していた.
カメラを持っていなかったので、可哀そうだとはおもったが、手のひらに乗せて事務所のテーブルまでご同行いただいた.

コクワガタ君だ.オスなので君付けとしよう.
コクワガタは、コウチュウ目クワガタムシ科とのこと.
この商売をしていると、虫とのお付き合いは年中あるわけだが、分類を良く知らない.もっと昆虫について理解を深めたいと思う.
[PR]
by kyokukaen | 2012-05-27 19:07

演習 其の二

茶庭改修工事、其の二.

まず始めに垣根、飛び石、延べ段、樹木の剪定について説明をし、天気が怪しい中、というよりもポツリポツリと雨が落ち始めていたが演習は決行した.
f0017413_211085.jpg

昨日生徒は、静岡市内に、授業の一環として、宮大工の名工、西岡常一氏のドキュメンタリー映画の鑑賞.その後、駿府城公園内にある中村昌生先生設計による茶室「雲海」と「静月庵」そして紅葉山公園を見学したとのこと.
以前、新建静岡支部主催のお茶会が、「雲海」で行われ、中を拝見できた.ただそのときは、「静月庵」は見ることができなかった.

今回の見学会には是非同行したかった.仕事の忙しさにかまけて行けなかったのがとても残念.次回もお誘いがあれば参加させていただきたい.

話がそれたが、そんなことで、大分生徒たちは朝方お疲れのようだった.アシスタントの早川先生も昨日同行して”結構大変だったよ.こんな時こそ、生徒たちは表に出て演習がいいんだろうな”などと言っていた.いいタイミングなのだが、だんだんと雨足が強くなってきた.皆ずぶ濡れでも文句一つ言わず作業に取り組んでくれた.

飛び石の据えなおし、既存の延べ段のばらし、剪定の作業、排水設備の敷設が終了.
f0017413_2124270.jpg

雨の中、現場の人間、特に植木屋さんは冗談で、"雨が降ると溶けちまう"なんてことを良く口にする.自分もその口だ.

そんなことはお構い無しに、演習ならではの彼らの掛け合う声が、茶庭中にとても心地よく響いた.
[PR]
by kyokukaen | 2012-05-25 21:33

演習 其ノ一

日本建築専門学校、5回目の講義にいってきた.茶庭の改修だ.
f0017413_15322588.jpg

講義の内容は講師自ら考え好きなように決めてよいとのことだが、
唯一学校が求める講義の内容の一つに、校内にある茶庭の手直しがある.
●排水不良
●樹木の繁茂
●飛び石、延べ段が歩きにくい
●必要であれば動線の見直しも
ということからだ.

どこまで手直しをやるべきかを把握すべく、前回の講義で測量を生徒にしてもらうことにした.
やはり現場は生徒が生き生きしている.4班に分かれてもらい個々に作業に当たってもらった.
皆言われたことを忠実に守ってくれ、それぞれとても分かりやすい現況図ができた.
f0017413_15251396.jpg

現況図をもとに、大石校長と長谷川先生に立ち会ってもらい、整備方針を決めた.
●排水ますの設置
●樹木の剪定
●飛び石、延べ段の作り直し
●四つ目垣の作り直し
という内容だ.
動線計画は、練習用としてはかなり合理的に計画されているように感じたので、そのままでという提案とさせていただいた.

そしてこの日を迎えたわけだ.一杯々々で写真を撮り忘れた.残念.
1コマ目は茶会の流れと茶室、露地の構成を説明した.
2コマ目いよいよ作業に入る.小さなスペースで、20人が相手では右往左往するばかりで大変だ.
でも二十歳近所の20人というパワーはすごい.それからそれへと作業が進む.ほぼ半分の作業が進んだ.来週が楽しみだ.
大分、学校の雰囲気に慣れてきた.”勝って兜の緒を締めよ.”
別に何に勝ったわけでもないが、余裕が出てくるとポカをするものだ.今以上に気を引き締めて臨みたいところ.


帰り道、学校に近くでハンカチノキを発見.富士市内では殆ど見かけない.見かけたとしてもとっくに花は散っているはずだが、標高が高く涼しいせいもあってまだ花弁が付いていた.
旭華園にもハンカチノキはあるが去年は咲いたが、今年は一つも咲かなかった.
そんなこともあってコヤツを写真に収めた.
f0017413_19255630.jpg

[PR]
by kyokukaen | 2012-05-18 15:27

広告

先日、同級生の漆畑君(www.i-uru.com)に、HPのリニューアルについて相談にのってもらった.

彼は現在、東京で広告関係のデザイン事務所を経営している.

彼と会うのは25年ぶりで、中学校以来のことだ.
最近、ご無沙汰の友達と接する機会が増えた.とても嬉しい.そんな歳になったのかとつくづく思う.忙しい中、昔話に花が咲き大分長居をさせてしまった.

HPに載せる内容は、あまり大げさなものは避けたい.どうも広告は誇大な感じの傾向に走りがちだ.見ているこちらが恥ずかしくなるようなHPも見かける.
仕事の出来不出来は、お客様の好み、予算等の制約があるので評価云々はしがたいが、広告はそれを通り越して都合のいい情報しか発信しない.

少なくとも旭華人は造ってなんぼの造園人であって、それ以上でもそれ以下でもないと思っている.
良くも悪くも“旭華園とは如何なるものか”を慎ましくピュアな気持ちで発信したい.
f0017413_20445116.jpg

[PR]
by kyokukaen | 2012-05-12 20:51

入学式

いよいよ学校が始まる.
日本建築専門学校の入学式の日だ.
f0017413_16364580.jpg

昨年12月、日本建築専門学校の大石治孝先生から、造園計画講師の依頼の連絡をもらった.
またと無い好機だとは思いつつ、何の取り柄もないこんな自分に講師なんて大役が務まるのか?

講師といえば、しっかりとした知識を持ち、会話が上手で飽きさせない、わかりやすく、話題が豊富で、魅力的な人なのだろう.
とても自分には出来そうになかったが、今年先生方が多数入れ替わりの時期とのことで、同時に講師になられるる建築関係の先生方を何人か知っていたこともあって、不安はあったが一つ返事で引き受けさせていただくことになった.

f0017413_16383123.jpg
理事長である中村昌生先生が祝辞を述べられた、今の日本のモノづくり文化は崩壊している危機的な状況だと、声を荒らげて言われた.そして、住まいづくりは庭屋一如、ものづくりの精神をもう一度取り戻したいと.

生徒へはもちろんの事、自分への叱咤のように取れる、身の引き締まるお言葉をいただいた.

式後、先生方同士の顔合わせの時間になった.
なんとそこに、小学校3年の時に担任であった井出先生がいた.本当にびっくりした.34年ぶりの再会だったが、あの時の姿と何も変わっていない.思い出深い先生だっただけに、すぐにわかった.昔話に花が満開になった.

思いがけないことが世の中にはあるものだ.
[PR]
by kyokukaen | 2012-04-12 17:33

眼の力

旭華園に茶道具商の戸田さんと、以前植木を納めさせて頂いた稲葉さんご夫婦の3人がお見えになった.新築住宅がぼちぼち完成を迎えるので、庭の話も進めたいとのことで、植木を見に来られた.

稲葉さん、開口一番”まずは植木を見せてください”と早々に畑に行かれた.戸田さんはダンコウバイ、ツリバナなど、稲葉さんはタンチョウソウ、クマガイソウなど姿の美しい植物をを選ばれた.富士市の今時分の落葉性の種は、葉がまだ展開途中のものばかり.開いた葉の姿と特徴を補足説明し理解を深めて頂いた.

f0017413_14413728.jpg
茶の湯に精通しておられる御三方.やはり茶花が主体になった.

初対面で戸田さんと話をするとなると、緊張しないと言えば嘘になる.美を捉える”眼の力”は、鋭く厳しくまっすぐであった.良いプロポーションのものを選ばれたと思う.

戸田さんがフレンドリーに優しく声を掛けて下さった.話していくうちに、ジョークも飛び交う楽しい、リラックスしたひと時に変わっていった.そして本当に御三方は仲がいい.

庭の構想を伺った.次の打ち合わせは、現場でとのことになった.どのような建築かとても楽しみだ.
そして、美を感じる感覚をさらに一歩でも学びたい.
[PR]
by kyokukaen | 2012-04-09 17:43

28日

 今日で2月も終わりです.2月だけ28日と言うのは不思議だなと思っていたのですが、やはり同じ事を考えている人はたくさんいるわけで、検索してみると出るわ出るわ.
 と言うことで、以下はその人の説明文から.きちんとした理由がありました.

2つの理由によります。

 ・元々は今の2月が1年の最後であったため調整に使われた。
 ・更に8月から1日取られてしまった。

現在の太陽暦のもととなる暦が作られたのはローマで、主に農耕の為
の暦でしたから、農作業をしない冬の間は暦というものがなく、暦は
現在の3月から始まって現在の12月で終わっていました。

しかしその後、やはり暦のない期間が60日も続くのも気持ち悪いとい
うことで現在の1月・2月に相当する月が作られたのですが、これは
後から加わったので、現在の12月の後ろにくっつけられました。

この名残で例えば今9月というのを英語で September といいますが、
Sept というのは7のことです。October の Octo も8という意味です。
(音楽のオクターブ-8度-と同じ語源ですね)

現在の形の暦を定めたのはローマの独裁官ユリウス・カエサル(英語
読み:ジュリアス・シーザー)ですが、彼は奇数月を31日、偶数月を
30日とする暦を定めました。すなわち

  3月=31日 4月=30日 5月=31日 6月=30日 7月=31日 8月=30日
  9月=31日 10月=30日 11月=31日 12月=30日 1月=31日 2月=30日??

と定めたのですが、ここで2月を30日にしますと1年が366日になってし
まいます。そこで、閏年(うるうどし)は2月は30日にするが、平年は29日
にすることにしました。つまり1年の最後の月で調整したわけです。

そしてカエサルは自分がこの暦を決めた記念に、自分の生まれた月に自
分の名前を残すことにしました。彼は現行7月生まれでした。そこで
それまでキンテイリス(5番目の月という意味)と呼ばれていたその月
をユリウス(英語読み:ジュライ)と改名してしまいました。

そしてこのカエサルは更に年のはじめを、それまでの3月ではなく1月
に変更することも決めました。このため月の名前と実際の順序とが2つ
ずれてしまうことになったのです。

さて、そのカエサルの後継者で初代ローマ皇帝となったアウグスタスも、
カエサルがやったのと同じように自分の名前を月の名前に残したいと思
いました。彼は現行の8月生まれでしたので、それまでセクステイリス
(6番目の月という意味)と呼ばれていたその月をアウグスタス(英語
読み:オーガスト)と改名しました。

しかしここで困ったことがありました。それは8月は30日の月だった
のです。アウグスタスは自分が生まれた月が30日しかないのは不愉快
だと思いました。そこで8月も31日までの月にすることを決め、その
あと1個ずつずらしてしまったのです。

  1月=31日 2月=29日??
  3月=31日 4月=30日 5月=31日 6月=30日 7月=31日 8月=31日
  9月=30日 10月=31日 11月=30日 12月=31日

ところがこうしてしまうと、8月で1日増やした分、1年の日数が大き
くなってしまいます。そこで仕方なく、またまた2月から1日取ってし
まうことにし、この時から2月は平年で28日、閏年(うるうどし)で29日
になることになりました。


と、言うことらしいです.この人に感謝です.
[PR]
by kyokukaen | 2011-02-28 14:46