旭華園 news

タグ:野草 ( 30 ) タグの人気記事

魚の住処は水草

旭華園にある旭ヶ池に、アサザが植えられている.
アサザはミツガシワ科のアサザ属で漢字で書くと朝咲、浅沙、阿佐佐などと書かれるらしい.花は晴れの日の日中に咲き、曇天下ではあまり咲かない.
咲き始めて2ヶ月になろうとしている.儚げな姿だが花期は非常に長い.
葉は、スイレンのような切れ込みのある円形.いかにも水草らしい姿.
f0017413_18184634.jpg


アサザは成長が早いため、旭ヶ池の賑やかしと、金魚の、アオサギからの保護の狙いで購入、植えることにした.購入時ポットにメダカの卵が付いてきた.旭ヶ池で孵化した.今のところ、隠れる拠り所ができたせいか魚たちの数は減っていない.魚も賑やかになった.

アサザは成長が早い.水面を覆いつくすほどの植物も如何なものかと思うので、ほどほどに剪定し涼しげな水面も楽しみたいと思う.
[PR]
by kyokukaen | 2012-08-02 18:21

蛸に願いをこめる

富士市の庭屋”旭華園”の新URLはこちら"kyokukaen.com"です.どうぞご覧になって下さい.

暑い暑いと言いながら、夏至も過ぎ、気がつけば雑節の半夏生も過ぎてしまった.
寒かろうが暑かろうが、気象に振り回されず、時計を持っているわけでもないのに必ずその時期に変化をみせる植物がある.
ハンゲショウ(半夏生または半化粧)がその一つ.ドクダミ科の多年草.

旭華園に”旭ヶ池”と呼んでいる1m×5mほどの小さな池があるが、この池にハンゲショウを植えてある.今年も先端の葉に半分白くおめかしをした.美しい.
f0017413_19463431.jpg

関西では半夏生の時期に、蛸を食べる習慣があるらしい.田植えをした稲がしっかりと大地に根付くようにと願いを込めて食べるというのだが、この暑さを乗り切るのに、蛸を食べて体力をつけることは理にかなっている.

このところ変な陽気が続いている.台風だとか大雨だとか・・・.植えた木が倒れていないか冷や冷やする.幸い今のところ弊社で植えた木は倒れていないが、心配は絶えない.

そうだ、田植えとはいかないが、古人の知恵にならって、植えた木が、しっかりと大地に根付いてくれるよう願いを込めて、我々も蛸を食べてみるとしよう.
[PR]
by kyokukaen | 2012-07-05 19:52

紫色の紙風船

富士市の庭屋”旭華園”の新URLはこちら"kyokukaen.com"です.どうぞご覧になって下さい.

旭華園のキキョウたちは、大分個体差があるらしく、花の色の濃いものや薄いもの、開花の早いものでは2週間ほど前に咲き始め、花柄摘みを終えているものから、今蕾の状態のものまで様々.
f0017413_1982754.jpg

蒸し暑さの増すこの時期、紫色の紙風船を見ていると、とても涼しげで心地良い.
f0017413_18591390.jpg

[PR]
by kyokukaen | 2012-07-03 18:37

ロータス効果?

富士市の庭屋”旭華園”の新URLはこちら"kyokukaen.com"です.どうぞご覧になって下さい.

旭華園にあるギボウシたちが、梅雨の時期を向かえ、瑞々しさを取り戻した.
日本の山に見られる在来の種や、黄葉、銀葉、斑入り種など種類は様々.
f0017413_1961921.jpg


蓮の葉のように、葉に付いた汚れやムシを、弾き転がした水の力で洗い流す作用をロータス(蓮)効果というらしい.
ギボウシの中には、蓮の葉まではいかないものの、かなり弾く構造を持った種がある.

自分も蓮の葉のように、世俗のアカを洗い流せられるのであれば、瑞々しさも取り戻せるのであろうが、積もり積もったアカというものは中々洗い流せそうにない.

f0017413_11133719.jpg

[PR]
by kyokukaen | 2012-07-01 11:21

光背のある花

富士市の庭屋”旭華園”の新URLはこちら"kyokukaen.com"です.どうぞご覧になって下さい.

旭華園のオランダカイウが初めて咲いた.
オランダカイウは別名カラーといい、サトイモ科の植物だ.同じ仲間に、ミズバショウ、ザセンソウ、ちょっと変わった形のアンスリウム、ちょっとグロテスク(個人的な感想)な印象のテンナンショウなど.

サトイモ科の特徴は独特な印象を放つ花だ.
中心の黄色の棒状のものが、肉穂花序(にくすいかじょ)と呼ばれる穂と、仏炎苞(ぶつえんほう)と言われる花弁との構成からなる.
仏炎苞は仏像の後ろにある、炎のかたちをした仏炎(光背)という箇所に似ていることからその名がついた.

去年の夏までは、日向に植えてあったのだが、葉焼けをおこしてなかなか花が咲かなかった.
秋に日陰に移してみたところ、今年になり2つだが咲いた.感激だ.

旭華園の如来様たちは、来年何体に増えるのだろうか、楽しみだ.
f0017413_18471570.jpg

[PR]
by kyokukaen | 2012-06-06 19:27

びしょ濡れの綿毛

f0017413_84878.jpg
この綿毛.とは言ってもびしょ濡れの綿毛のようなもの.アネモネの種です.
アネモネはキンポウゲ科で、野草のショウマやイチゲなどと同じ仲間.

あの愛らしい花とは対照的な姿です.
4月に花を咲かせていましたが花びらが散って10日ほどでこのような姿になりました.
きっとこの後、綿毛を使って風に任せて遠くへ飛んでいくのでしょう.

アネモネは球根の販売が一般的で、種の販売はほとんど見かけません.
球根は、植え放しでは夏の高温多湿により腐りやすい為、葉が黄変後6月いっぱいまでに掘り上げ消毒し、秋まで乾燥させ、その後10~11月に植え付けなおすとの事.

球根と同時に種による繁殖も試みたいと思います.
[PR]
by kyokukaen | 2012-05-15 15:23

海老に根?

f0017413_17443820.jpg
旭華園に植えられたエビネは殆ど近所の方からの頂きもの.今のところ順調に株が増えている.

頂いた方から品種を聞かなかったのではっきりとは分からないが、たぶん、
エンジ色のガク片と白色の花弁の在来のエビネ(左の画像)と、
オレンジ色のガク片と黄色の花弁からなるタカネエビネ.これはエビネとキエビネの交雑種.(下の画像)
の2種類だろうと思う.


f0017413_17233536.jpg

今まで根をばらしたことがないので見たことがないが、名前は根の形状がエビに似ていることからきているとのこと.

エビネは、株分け等により、根からウィルスに感染しやすく、扱いが難しい印象がある.
そうは言っても名前の由来を調べたい.地中にはどんなエビがいるのか?今年の冬に掘り上げてみたいと思う.
[PR]
by kyokukaen | 2012-05-13 18:00

源平合戦

旭華園のクマガイソウの花も、いよいよ終わりを迎えている.中には茶色に枯れかけているものもあります.
5年ほど前に、お客さんから分けていただいたものが、ゆっくりですが少しずつ増えてきました.
今年も、3月の終わりから芽を出し始め、ひと月の間、日々移りゆく美しい姿を披露してくれました.

f0017413_12244996.jpg
クマガイソウの名前の由来は、源平合戦の一の谷の戦いで、源氏(白い旗)の熊谷直実が、平氏(赤い旗)の平敦盛の首を泣く泣く切り落としたという話からきているとのこと.
象徴的な花の形が、戦の際に背負った母衣(ホロ)に似ていることから、白色の力強い姿をクマガイソウ、赤色の優しげな姿をアツモリソウと名付けた.
当時の戦の方法は馬と弓であった.ホロは馬を駆り、風を吹き込み膨らめて、背後から来る矢を避けるために出来た補助具とのこと.


旭華園の庭にアツモリソウも植えたいと思っている.源平合戦ではなくて、仲良しこよしで庭を賑わせてくれたらいいな.
[PR]
by kyokukaen | 2012-05-02 12:30

7/15

オカトラノオ
f0017413_71759100.jpg

 高さ1mくらいでこの時期に白い花が咲いてます.名前のとおり花のへたり具合を虎の尾に見立ててあります.根が強いので引っこ抜いたりは出来ないと思います.
[PR]
by kyokukaen | 2011-07-15 07:23

7/7

 シモツケソウ
f0017413_16324928.jpg
 
 よく似た仲間にキョウカノコがあります.シモツケソウなのかキョウカノコなのかパッと見じゃよく分かりません.花の特徴を良くおさえておけば簡単にわかるんでしょうけど.
 分からないときはどうするか?よく観察するとトゲがあります.キョウカノコにはトゲが無いのでこれはシモツケソウです.ちなみにキョウカノコはシモツケソウの改良品種だとか言われてますが正確にはわかっていないそうです.それだけ古い園芸品種で皆に好かれているんですね.
[PR]
by kyokukaen | 2011-07-07 16:44