旭華園 news

植物界のあかり

未だ春色のやさしい緑色の中に、一際明るい一部を感じた.斑入りの葉だ.
旭華園の庭にあるメグスリノキにだ.
f0017413_19354266.jpg


このメグスリノキが斑入りの品種という訳ではない.この一部分だけが突然変異したもの.斑入りの原因は、様々な要因が挙げられるため特定はできないらしい.

巷では多くの斑入り種が生産販売されている.斑の入り方でそれぞれに呼び名がある.
代表的なものに
 切斑 白や黄が緑と半々になる模様 
 覆輪 葉をぐるりと縁取られる模様 外斑、中斑などがある
 掃込 刷毛で払ったような模様 
 条斑 筋状の模様 
 虎斑 葉脈に沿うように斑が入り、虎の背中を上から見たような模様 
 斑点状、真っ白などなど.

勉強不足なため自信はないが、今回のケースはたぶん切斑ではないかとおもう.

斑入りの植物は、緑の中に冴える白や黄が、暗がりになりがちな場所などを明るく賑やかにしてくれる、言わば植物界のあかりのような存在.旭華園にも色々な斑入り植物がある.
f0017413_7483924.jpg


何年も植えられているのに気がつかなかったメグスリノキの斑入りの葉.来年も同じ場所に現れるのだろうか?楽しみだ.
[PR]
by kyokukaen | 2012-05-09 06:52